たけのこの厳選軸馬~複勝率70%以上の軸馬予想~

コンピ指数を用いて複勝率70%以上の軸馬(コンピ指数1位)と重賞レースで各馬の馬券絡み率を公開しています

スプリングステークス(G2)予想(コンピ指数から見るレース傾向)

コンピ指数から見たスプリングS(G2)のレース傾向です。

今回のスプリングS(G2)のコンピ指数と同程度の指数配置であった過去のレース結果を照らし合わせて、出走馬の三連複と馬連の馬券絡み率を表にしました。

 

表はあくまでも、今回のスプリングS(G2)と同じような指数のレース結果がどういう傾向であったかという統計データであって、スプリングS(G2)自体の過去実績ではないのですが傾向に近い結果になることが多いので、読者様のレース予想の後押しになればと思います。

 

 

 

表の見方としては三連複フォーメーションと馬連フォーメーションをイメージしたものであり各欄のどこかで10%を超えている部分のある馬が体感的には馬券に絡みやすいです

コンピ
指数
馬番 3連複
1列目
3連複
2列目
3連複
3列目
馬連
1列目
馬連
2列目
コンピ1位 78.9% - - 65.8% -
コンピ2位 10.5% 42.1% - 18.4% 23.7%
コンピ3位 5.3% 21.1% 5.3% 7.9% 13.2%
コンピ4位 2.6% 21.1% 21.1% 5.3% 21.1%
コンピ5位 2.6% 10.5% 18.4% 2.6% 13.2%
コンピ6位 0.0% 0.0% 18.4% 0.0% 10.5%
コンピ7位 0.0% 2.6% 7.9% 0.0% 5.3%
コンピ8位 0.0% 2.6% 7.9% 0.0% 5.3%
コンピ9位 0.0% 0.0% 5.3% 0.0% 2.6%
コンピ10位 0.0% 0.0% 5.3% 0.0% 0.0%
コンピ11位 0.0% 0.0% 2.6% 0.0% 2.6%
コンピ12位 0.0% 0.0% 2.6% 0.0% 0.0%
コンピ13位 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
コンピ14位 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
コンピ15位 0.0% 0.0% 2.6% 0.0% 2.6%

 

レース傾向

波乱度は低~中のレースで、指数1位が馬券に絡む確率が高い。

多頭数ではあるが、傾向的には馬連・三連複ともに指数6位までで決着する割合が高い。

 

馬連傾向

馬連は指数1位~指数6位までが絡みやすい。

 

三連複傾向

三連複は1列目が指数1位~指数2位。

2列目が指数2位~指数5位まで。

3列目が指数4位~指数6位までが絡みやすい。

 

穴候補

穴候補は⑪イルーシヴパンサーあたりか。

 

指数別勝率

上記表には出力していないが指数別の単勝率は、指数1位が34%、指数2位と指数3位がそれぞれ19%、指数4位と指数5位がそれぞれ12%、それ以外の指数は10%未満となっている。

 

以上が傾向データでした。

馬券の組み立てにお役立てください。

⇒重賞レースの過去記事一覧

 

阪神大賞典(G2)の馬券絡み率↓↓ 

takenokorin.hateblo.jp

3月21日(日)厳選軸馬↓↓ 

takenokorin.hateblo.jp