たけのこの厳選軸馬~複勝率70%以上の軸馬予想~

コンピ指数を用いて複勝率70%以上の軸馬(コンピ指数1位)と重賞レースで各馬の馬券絡み率を公開しています

はてなブログを開設して6ヶ月後のアクセス数(PV数)

2020年5月29日に当ブログを開設してようやく半年が経過しました。

いつもご覧いただいている皆様のおかげで何とか続けることが出来ています。

本当にありがとうございます。

 

今回は競馬関連の内容ではなくブログ開設から半年経過後のアクセス数を公開しようと思うので、興味のない方はスルーしてもらって問題ありません。

 

ちなみにブログ開設1か月後にもアクセス数の公開をしていましたので、興味のある方はこちらもご覧になってください。 

takenokorin.hateblo.jp

 

この記事は「ブログ 6ヶ月 アクセス数」等の検索上位に表示されるブログ成功者のPV数と比較するとかなり残念な結果になっております

 

ブログで収益を上げている方からすれば当ブログはかなりショボいアクセス数となっているので、どうぞ鼻で笑ってあげてください。。。

 

目次

  • 1.開設から6ヶ月後のアクセス数
  • 2.アクセス元(はてなブログ内のアクセス解析より)
  • 3.アナリティクスの集客内訳
  • 4.まとめ

 

続きを読む

厳選軸馬 月間成績(11月)

「厳選軸馬」の11月の月間成績です。

 

「厳選軸馬」は日刊スポーツのコンピ指数に独自の条件を加えて複勝 率70%以上(連対率50%)が期待できる鉄板軸馬となるコンピ指数1位を紹介する内容です。

※月間成績をまとめる際に最終土曜日と翌日の日曜日で月がまたがる場合は、日曜は前月分として集計いたします。

 

1.「厳選軸馬」の11月の月間成績

10月に引き続き、11月も比較的安定した成績になったと思います。

<11月>厳選軸馬対象レース
日付 レース数 3着
以内
2着
以内
複勝 連対率
11月7日  14 10 9 71.4% 64.3%
11月8日  12 8 8 66.7% 66.7%
11月14日  14 10 9 71.4% 64.3%
11月15日  12 8 5 66.7% 41.7%
11月21日  9 6 6 66.7% 66.7%
11月22日  7 4 4 57.1% 57.1%
11月23日  9 8 6 88.9% 66.7%
11月28日  6 4 3 66.7% 50.0%
11月29日  6 4 3 66.7% 50.0%
合計  89 62 53 69.7% 59.6%

「厳選軸馬」11月の成績は複勝率69.7%連対率59.6%という結果になりました。

 夏競馬の時期のような悪い結果ではないのですが、もうひと伸びして複勝率70%は超えたかったです。

 

 

2.「厳選軸馬」対象外レースの月間成績

次に「厳選軸馬」から漏れたレースのコンピ指数1位の成績です。

<11月>厳選軸馬対象外レース
日付 レース数 3着
以内
2着
以内
複勝 連対率
11月7日  22 13 9 59.1% 40.9%
11月8日  24 13 9 54.2% 37.5%
11月14日  22 10 5 45.5% 22.7%
11月15日  24 16 14 66.7% 58.3%
11月21日  15 4 4 26.7% 26.7%
11月22日  17 9 7 52.9% 41.2%
11月23日  15 9 7 60.0% 46.7%
11月28日  18 12 12 66.7% 66.7%
11月29日  18 12 7 66.7% 38.9%
合計  175 98 74 56.0% 42.3%

「厳選軸馬」から漏れたレースのコンピ指数1位は複勝率56.0%連対率42.3%と、いずれも「厳選軸馬」よりも悪い成績となりました。

また、「厳選軸馬」から漏れたコンピ指数1位の連対率が42.3%ということは、連対しないことのほうが多いということなので、”指数1位は相手まで”等の馬券を組み立てるポイントにもなりそうです。

 

 

3.まとめ

上記結果より、11月の「厳選軸馬」では信頼できるコンピ指数1位と怪しいコンピ指数1位の選別がうまくいったと思います。

ただし、「厳選軸馬」の複勝率がぎりぎり70%に届かなかったことは褒めれる内容ではないのですが。。。

 

12月の「厳選軸馬」では複勝率70%以上の成績を残せるように頑張っていたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

takenokorin.hateblo.jp

 

予想結果 11月28日、29日

京都2歳S

レース結果:⑧-⑨-⑥(3番人気-2番人気-7番人気)

(コンピ指数:4位-1位-8位)

 

当日午前中の時点では②バスラットレオン(6着)を軸にするつもりでいたが、直前の馬体重+20㎏が引っ掛かり、思い切って買い目から外し⑨ラーゴム(2着)を軸にしたのがうまくいきました。

馬券は馬連、三連複、ワイドの的中!

出走頭数が少なかったので三連単も購入しこちらも的中。

 

三連単に関しては傾向データの記事内の「指数別の勝率」で記載していたように、買い目から外した②バスラットレオンの次に⑨ラーゴムと⑧ワンダフルタウンの勝率が目立っていたため、その2頭を頭にしたフォーメーションを組んでいました。

 

穴候補に挙げていた⑦ダノンドリーマーは5着、⑥ マカオンドールは3着と馬券に絡んでくれました。

このレースは出走頭数も少なく、かなり点数を絞れて購入していたので全体的にもう少し金額を張っておけばよかったと少し後悔。

f:id:takenokorin:20201130000953p:plain

京都2歳S 馬連7.1倍)

f:id:takenokorin:20201130001112p:plain

京都2歳S ワイド6-9 12.1倍)

f:id:takenokorin:20201130001215p:plain

京都2歳S 三連複 44.2倍)

f:id:takenokorin:20201130001314p:plain

京都2歳S 三連単 188.9倍)

 

takenokorin.hateblo.jp

 

 

ジャパンカップ

 レース結果:②-⑥-⑤(1番人気-2番人気-3番人気)

(コンピ指数:3位-2位-1位)

 

アーモンドアイ強かったですね。

正直、年齢的な衰えや距離適性を考えたら3強で馬券に絡まないのはアーモンドアイかと思っていました。

デアリングタクトも微妙なのかなと読んでたんですが。

結果的には3強どの馬の格も下げないレースになって良かった思います。

 

馬券のほうはコントレイルを軸に組み立てたが、傾向データの記事で記載したように3強だけの決着になることを考えていなかったため、馬連とワイドでデアリングタクトとアーモンドアイ以外から相手を選んでましたが全然でした。

 

馬連はデータ的にはデアリングタクトとアーモンドアイが絡んでもおかしくなかったけど、オッズが安すぎてとても買えませんでした。。。

 

穴候補に挙げていた⑦ミッキースワロー(7着)、⑫マカヒキ(9着)、⑧ ウェイトゥパリス(10着)は不発に終わる。

takenokorin.hateblo.jp

 

 

京阪杯

 レース結果:⑩-⑬-⑦(3位-1位-12位)

(コンピ指数:4位-2位-14位)

 

馬連のみ的中。

3着の⑦ジョーアラビカは傾向データ内の穴候補を選定する際に気になった存在だったが、結局は馬券に絡まないと判断して切った馬でした。。。

 

穴候補に挙げた④プリモシーン(10着)、⑯トゥラヴェスーラ(6着)は不発に終わる。

f:id:takenokorin:20201130151043p:plain

京阪杯 馬連15.0倍)

 

takenokorin.hateblo.jp

 

 

【厳選軸馬】

複勝率70%以上が期待できるコンピ指数1位を紹介する「厳選軸馬」ですが、3日間開催のトータルで複勝66.7%連対率50.0%いう結果になりました。

<厳選軸馬対象レース>

厳選軸馬対象レース
日付 レース数 3着
以内
2着
以内
複勝 連対率
11月28日 6 4 3 66.7% 50.0%
11月29日 6 4 3 66.7% 50.0%
合計 12 8 6 66.7% 50.0%

今週は「厳選軸馬」に該当するレースが少なかったため、1レース分の結果が週トータルの複勝率に与える影響が大きかったのですが、出来れば複勝率70%は超えたかったところです。

  

 <厳選軸馬対象外レース> 

厳選軸馬対象外レース
日付 レース数 3着
以内
2着
以内
複勝 連対率
11月28日 18 12 12 66.7% 66.7%
11月29日 18 12 7 66.7% 38.9%
合計 36 24 19 66.7% 52.8%

「厳選軸馬」から漏れたレースはいつもより複勝率、連対率ともに良い結果となり、「厳選軸馬」と変わらない結果となってしまいました。

全体的にコンピ指数1位が3着以内に入りやすい週だったと思います。 

takenokorin.hateblo.jp

 

今週末もステイヤーズS(G2)、チャレンジC(G3)、チャンピオンズC(G1)がありますので、また当ブログへ足を運んで頂ければ嬉しいです。

 

京阪杯(G3)予想(コンピ指数から見るレース傾向)

コンピ指数から見た京阪杯のレース傾向です。

今回の京阪杯のコンピ指数と同程度の指数配置であった過去のレース結果を照らし合わせて、出走馬の三連複と馬連の馬券絡み率を表にしました。

  

表はあくまでも、今回の京阪杯と同じような指数のレース結果がどういう傾向であったかという統計データであって、京阪杯自体の過去実績ではないのですが傾向に近い結果になることが多いので、読者様のレース予想の後押しになればと思います。

 

(表の見方としては三連複フォーメーションと馬連フォーメーションをイメージしたものであり、各欄のどこかで10%を超えている部分のある馬が体感的には馬券に絡みやすいです) 

コンピ
指数
馬番 3連複
1頭目
3連複
2頭目
3連複
3頭目
馬連
1頭目
馬連
2頭目
コンピ1位 60.6% - - 48.5% -
コンピ2位 18.2% 15.2% - 21.2% 6.1%
コンピ3位 6.1% 18.2% 0.0% 9.1% 3.0%
コンピ4位 6.1% 18.2% 9.1% 9.1% 15.2%
コンピ5位 3.0% 9.1% 9.1% 6.1% 6.1%
コンピ6位 3.0% 18.2% 15.2% 3.0% 18.2%
コンピ7位 0.0% 6.1% 12.1% 0.0% 6.1%
コンピ8位 0.0% 6.1% 3.0% 0.0% 6.1%
コンピ9位 3.0% 3.0% 15.2% 0.0% 18.2%
コンピ10位 0.0% 6.1% 9.1% 3.0% 3.0%
コンピ11位 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
コンピ12位 0.0% 0.0% 6.1% 0.0% 3.0%
コンピ13位 0.0% 0.0% 6.1% 0.0% 6.1%
コンピ14位 0.0% 0.0% 9.1% 0.0% 6.1%
コンピ15位 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
コンピ16位 0.0% 0.0% 3.0% 0.0% 0.0%

 

レース傾向

波乱度は中以上のレース。

馬連、三連複ともに比較的に広範囲にデータが散らばっており、下位指数も馬券に絡みやすい。

 

馬連傾向

馬連は指数1位~指数6位、指数9位が絡みやすい。

 

三連複傾向

三連複は2頭目が指数6位まで、3頭目が指数6位~指数10位が絡みやすい。

 

穴候補

穴候補は④プリモシーン、⑯トゥラヴェスーラあたりか。

 

指数別勝率

上記表には出力していないが指数別の単勝率は、指数1位が24%、指数2位が18%、指数5位と指数6位が11% 、それ以外の指数は10%以下となっている。

 

 

以上が傾向データでした。

馬券の組み立てにお役立てください。

 

ジャパンカップ(G1)」の出走馬の馬券絡み率はこちら↓↓   

takenokorin.hateblo.jp

 

11月29日(日)「厳選軸馬」はこちら↓↓ 

takenokorin.hateblo.jp

 

厳選軸馬 11月29日(日)

当ブログの「厳選軸馬」は、日刊スポーツのコンピ指数に独自の条件を加えて複勝率70%以上(連対率50%以上)が期待できる、鉄板軸馬となるコンピ指数1位を紹介する内容です。

(先週の「厳選軸馬」と重賞レースの結果はこちら↓↓)    

takenokorin.hateblo.jp

 

28日(土)の「厳選軸馬」は複勝率66.7%連対率50.0%という結果になっています。

それでは11月29日(日)開催のレースから複勝率70%超え、連対率50%超えが期待できる厳選軸馬を紹介します。

 

11月29日(日)

東京

3R ⑤パープルレディー

6R ⑬ガンダルフ

11R ④カントル

 

阪神

2R ⑩セファーラジエル

4R ⑧メイショウマサヒメ

7R ③イズジョーノキセキ

 

11月29日(日)の厳選軸馬の該当レースは以上の6レースとなっています。

馬券の組み立てにお役立てください。

 

京阪杯の傾向データは朝9時ごろまでには更新予定です。

 

ジャパンカップ(G1)出走馬の馬券絡み率はこちら↓↓  

takenokorin.hateblo.jp

 

厳選軸馬」 の月間成績はこちら↓↓ 

takenokorin.hateblo.jp

 

 

ジャパンカップ(G1)予想(コンピ指数から見るレース傾向)

コンピ指数から見たジャパンカップのレース傾向です。

今回のジャパンカップのコンピ指数と同程度の指数配置であった過去のレース結果を照らし合わせて、出走馬の三連複と馬連の馬券絡み率を表にしました。

続きを読む

京都2歳ステークス(G3)予想(コンピ指数から見るレース傾向)

コンピ指数から見た京都2歳S のレース傾向です。

今回の京都2歳Sのコンピ指数と同程度の指数配置であった過去のレース結果を照らし合わせて、三連複と馬連の過去傾向を表にしました。

続きを読む